公立

華とじぃじの中学受験

華・将来の夢と出会う

華はじぃじに連れられて色んな職場を見て、一番興味を示したのが建築士でした。 まだ早乙女中の下見をしていた時に、現場に早乙女中の設計をした建築士が来ていたのです。じぃじの弟子だった現場監督の計らいで、華は建築士と話をする事ができました。...
華とじぃじの中学受験

華・いろんな職業を体験する

小学校がお休みの日は、じぃじは華をいろんなお店や工場に連れて行ってくれました。そこでは色んな職業仕事を体験させてもらうことができました。 ある日の朝、4時に起こされて連れて行かれたのはパン屋さんでした。華はそこで、パンを作る手順を一通...
華とじぃじの中学受験

華・計算のスピードを上げる

100秒の壁にぶちあたった華。目標は60秒ですから、あと40秒を縮めなければなりません。 計算ミスはほとんどなくなりましたから、あとは計算のスピードそのものを上げるしかありません。 「じぃじ、どうしたらいいの?」 華は素直...
華とじぃじの中学受験

華・計算ミスを減らす

6年生になってから1ヶ月程が過ぎ、朝の散歩も汗ばむようになりました。 華の100ます計算のスコアも順調に伸びて、100秒まで縮めることができるようになりました。 じぃじは道場の壁に模造紙を貼り、毎日のスコアを折れ線グラフにして記...
華とじぃじの中学受験

華・100ます計算に挑戦する

「ただいまー」華が道場に帰ってきました。 じぃじはお客さんとお話中でした。華がペコリと頭を下げると、じぃじはお客さんに華を紹介しました。お客さんは文一(ぶんいち)さんというじぃじの弟子で、家庭教師をしている人です。 文一さんは、...
華とじぃじの中学受験

華・ばぁばから力をもらう

まだ建設中の早乙女中の下見を済ませた華とじぃじは、本屋さんに立ち寄りました。 早乙女中は来年4月の開校ですから、過去問はありません。でも全国の公立中高一貫校の過去問題集が出ていました。 じぃじは分厚い銀色の問題集を手に取ると、さ...
華とじぃじの中学受験

華・オトメ中の下見に行く

「じぃじ、華ね、オトメ中を受けるんだ!」 それを聞いたじぃじは「ほーっ、大したもんだ」と目を細めてつぶやきました。 じぃじは華が生まれる前に亡くなった妻・タヱのことを思い出していました。女学校出身で、町の武道館でタヱと出会って、...
華とじぃじの中学受験

華・オトメ中と出会う

「6年生5年生対象!オトメ中模試!」 その言葉を聞いたママは、夕飯を作る手を止めてテレビをじっと見つめました。 オトメ中とは、来年の4月に開校する公立中高一貫高で、正式名称は「早乙女中学校・高等学校」と言います。 戦後早乙...
華とじぃじの中学受験

華・工夫と改善を身につける

美化係の仕事は、やってみると意外と楽しい仕事だという事が分かりました。 他人から「お前がやれ」と言われて仕方なく引き受けた仕事ではなく、自分から「やります」と言って引き受けた仕事ですから、自分が楽しく仕事できるようにいろんな工夫をしま...
華とじぃじの中学受験

華・クラス運営に協力する

翌日の学級会で、華は真っ先に美化係に立候補しました。 美化係。それはみんなが嫌がる係です。他の生徒がちゃんと掃除をしているかを見るのが仕事。掃除が終わっても、掃除道具の整理をしたり、ちゃんと洗えていない雑巾を洗ってきちんとかけておくと...
タイトルとURLをコピーしました