その6 試験とは(2) 己を知る

二華中への道

ポイント

  • 問題のシャワーを浴びて「己を知る」
  • 直接的原因ではなく、動機的原因を追究する

問題のシャワーを浴びて「己を知る」

まずは問題のシャワーを浴びることである。沢山の問題を解かせ、子供の弱点を発見し、弱点を補う。そのスパイラルを本番まで延々と繰り返す。こうすることで子供は「己を知る」ができる。

まずは早い段階で問題集を買ってきて、毎日解かせてみる。そしてそれを、親が採点するのである。採点すれば、子供の弱点を親がはっきりと認識できる。その弱点を親が分析するのである。

直接的原因ではなく、動機的原因を追究する

弱点は「不正解」という形で表面化するため、間違えた問題を解き直しさえすればいいと思うかも知れない。それは間違いではないが、表面化しているのはあくまで「直接的原因」である。

直接的原因をつぶすことはモグラ叩きと同じで、きりがない。そうではなく、直接的原因を分析したその先に必ず「動機的原因」があるのだ。

対策をするのは、その「動機的原因」に対してである。動機的原因に対して対策をすれば、直接的原因が激減し、結果として点数は上がるのである。

動機的原因とは、不正解を出すに至った知的活動の欠陥(例えば「もういいや」と思った、やる気が出なかった、焦っていた、この位で許されるだろうという甘え)のことである。

私が言うところの「弱点の分析」とはまさに「動機的原因の追求」であり、「弱点の対策」とは「動機的原因に対する対策」なのである。

長男に問題を解かせ、採点を行う作業を何日か続けた結果、目に付いた動機的原因は以下の5点であった。

  1. 計算や漢字のミスが多い。早とちりで確認をしない。
  2. 問題文をよく読まず、出題者の意図に沿わずに解答してしまう。
  3. 集中力が続かず、長時間の勉強ができない。嫌になるとマンガやゲームに逃げる。
  4. 作文が下手。やっつけ仕事をする。
  5. 文字が汚い。自分が読めればいいと思っている。

・・・このように列挙してみると、勉強開始当初はボロボロでしたね・・・。

次回、これらの弱点に対して、どのような対策を立てたかを述べようと思う。

全国対応 学びの杜オンライン家庭教師
学びの杜オンライン家庭教師は全国の学習に苦手意識を感じているお子様に、学習支援を行なっています。

 

己を知る。とても大切な事ですね。

己を知れば知るほど苦悩が減り、生きやすくなっていきます。

己を知る前は、「あの人のようになりたい」と思います。アイドルに憧れ、髪型や持ち物をマネするのはまさにそれでしょう。

ですが自分は自分にしかなれません。

「己を知る」ができると、「あの人のようになりたい」と他人から言われる生き方ができるようになります。

中学受験という経験がお子さんに、「己を知る」という貴重な経験をさせられるかもしれませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました