その3 親の力(2) 子供に世の中を見せる

二華中への道

ポイント

  • 自由研究には首を突っ込む
  • 子供を現場へ連れて行こう

自由研究には首を突っ込む

長男が本格的に受験勉強を始めたのが8月下旬であったが、親が一緒になって勉強する習慣はその前から始まっていた。

夏休みの自由研究。

長男は当初、本で調べたことを模造紙にまとめて、適当に提出しようと考えていたらしい。だが私はそれを許さなかった。

自由研究とは、テーマを決めて、そのテーマに沿った形で実験の準備を行い、実験し、結果をまとめ、考察し、それを模造紙にアウトプットして発表するという、一連のプロセスである。

二華中の特色のひとつに、サイエンティフィック・リサーチというものがある。直訳すれば科学研究である。二華中を目指す生徒が、自由研究をおろそかにしているようではとても合格はできないであろう。

私は自由研究がいかに大切か、この自由研究を通して何を学び、何を身につけて欲しいかを長男に懇々と説いた。

私の説得に納得したかどうかは不明だが、昔から磁石で遊ぶのが大好きだった長男は、テーマに「電磁石」を選んだ。

私は材料の手配や実験方法のアドバイスなど、全面的に協力した。

子供を現場へ連れて行こう

早速、電磁石を見に行くことに。

鉄くず回収業者に行って、巨大な電磁石を見学するのだ。

家業が自動車整備工場だから、部品や鉄くずのスクラップがだんだん溜まっていく。それをトラックに積み込んで回収業者へ持っていく。

長男に軍手を渡し、積み込み作業を手伝わせる。作業しながら、鉄くずがどのように集められ、どのようにリサイクルされるのかを説明する。

鉄鉱石の形で掘り出された鉄は、精製されて製鉄となり、加工されて部品となる。部品としての役目を終えれば、回収されて再び溶かされ、別の部品として生まれ変わる。

二華中が掲げる「地球環境」。それを守るためのリサイクル。ここがその最前線である。

回収業者では、巨大な電磁石が荷台の鉄くずをくっつけて持ち上げる。くっつけるのも、離すのも自由自在。大量の鉄くずを軽々と運ぶその様は大迫力。親子で「オーっと歓声を上げた。

電磁石の威力を目の当たりにする。
現場を通して社会を見せる。
世の中を見せる。

これぞまさにフィールドワーク。

このようにして、机上ではなく、現場に足を運び、自分の目で見て、自分の手を動かして得られた知識は、本物の知識だと思う。

二華中を受験する/しないに関わらず、この経験は長男の一生の財産になるだろう。

ちなみに・・・

鉄くずを売ったお金で、好きな本を買ったり、アイスを食べたりと、長男にとっては思わぬご褒美となった。目先の利益に喜ぶあたり、やはりまだ子供である。


 

中学受験。

二華中開校から11年が経ち、宮城でも公立中高一貫校の受験が特別な事ではなくなりました。過去問の蓄積が増えるにつれ、受験対策がされるようになりました。学習塾では二華中や青陵中の専門コースを立ち上げ「合格者〇〇名輩出!」と誇らしげに宣伝する姿も目にするようになりました。

それでも中学受験の根幹となる部分、すなわち「中学受験は親子の受験」は11年経っても変わっていないと私は思います。

中学受験は、親と子が力を合わせて何かに取り組むとてもいい機会だと思います。お父様、お母様がこれまで積み上げて来たもの、身に着けて来た事を総動員して、お子さんと一緒に悩み、考え、解決していく。その姿を見たお子さんは親を信頼し、大人を信頼し、進学し、就職し、社会に羽ばたく勇気を得るのです。

そう考えると、塾は問題解決の手段の一つであることが分かると思います。問題解決の手段である塾に全面的に頼ったり、丸投げすると、中学受験はうまく行かないというのがお分かりいただけるでしょうか。

塾は頼っても依存はせず、問題解決の一手段として利用する、その位で良いかと思います。

長男が中学受験でお世話になった↓能開センター↓です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました