その4 親の力(3) 他人任せには絶対にしない

二華中への道

ポイント

  • 担任の先生とディスカッションしよう
  • 塾の先生からアドバイスをもらおう
  • ワクワクする程の父親の出番

担任の先生とディスカッションしよう

中学受験は、本人任せ、学校任せ、塾任せにしては絶対にいけないと思う。 だから私は、小学校にも塾にも直接足を運び、先生の話を聞いた。

小学校の担任の先生からは、担任の立場から、長男に足りないもの、親として何をすべきかを、このやり方は間違っていなかなど、短い時間ではあったが、ディスカッションさせてもらった。

担任の先生には、調査書作成や志願書作成でご協力頂かなくてはならない。長男の顔だけではなく、親の顔を知っていれば調査書作成や受験指導にも力が入るだろう。そんな狙いもあった。

塾の先生からアドバイスをもらおう

塾の先生には、長男を迎えに行きがてら、何度も話をさせてもらった。 塾の先生からは、長男の作文指導をどうすべきか、採点基準・採点方法についてのアドバイスなど、貴重な情報を頂戴することができた。

こうして得た情報はすべて、長男の受験指導に活かした。

ワクワクする程の父親の出番

本屋へ行き問題集を購入する。
購入した問題集をコピーする。
100ます計算や漢字100問の問題をExcelで作る。
解いた問題をファイリングする。
研究者と会う。
現場へ連れていく。

実に色々な事に首を突っ込んだ。 とにかくカネだけ出して人任せにすることだけは絶対に避けた。

人任せにしていては、二華中受験は絶対に成功しないだろうし、 何といってもワクワクする程の父親の出番である。これだけは、どうしても他人には譲れないのである。

コメント

タイトルとURLをコピーしました